<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
ハゲ、薄毛でお悩みのあなたへ
薄毛で悩む多くの人が発症しているAGA、
その原因はカラダの中にあります。


AGAの原因は男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという
酵素の働きによって、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化し
脱毛を誘発します。

このDHTは受容体と結合して、髪に有害なサイトカインである「TGF-β」
を産生します。

「TGF-β」は退行期誘導因子とも呼ばれ、正常な毛髪サイクルを阻害したり、
また「カスパーゼ」と呼ばれる自殺酵素を活性化することで毛母細胞死
(アポトーシス)を誘発します。

AGAの治療は5αリダクターゼの作用を防ぎDHTの生成を阻害すること、
また退行期誘導因子「TGF-β」のレセプター(受容体)との結合を阻止する
ことが目的です。





| 薄毛・抜け毛 | comments(0) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://osiete.jugem.jp/trackback/14
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/06/02 1:01 AM
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/04/11 8:38 AM